産業

伐った竹を売ることは、実は難しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放置竹林整備に勤しむ人は意外なほど世の中に多いです。ボランティアという形が主で、もしかすると地域の予算や補助金がついているかもしれません。家の裏庭(裏山)に竹林があり、それが荒れているので整備をしようする人もいます。畑がイノシシなどに荒らされるので、その隠れ家をつぶす目的で竹林を整備する(=隠れられないようにする)という場合もよく聞きます。

その時に誰しもが思うのが、「結構よさそうな竹がたくさん切れた。これって売れるんじゃないの?」ということです。誰しも思います。木が売れるなら竹だって、という発想です。

しかし、その99%が残念ながら諦めることになります。その理由を本稿では解説します。

【そもそも売っていいのか?】

自分の敷地内で伐った竹は、もちろん売ってよいです。しかし、他人の家の敷地であったり、また公の土地の整備を受託(市や都道府県など)で伐ったものを売ってよいかどうかは、契約書を読み直す必要があります。友人間の整備の請負でも、「その伐った竹は土地の所有者である私のものだ」と言われると話がこじれるのは容易に想像ができるでしょう。

ましてや、公の土地である場合はなおさらです。「整備」を請け負っているあなた(あるいは、あなたの所属するグループ)が、その土地から出たものを勝手に販売してよい、ということになっている契約は極めて稀です。そしてもし「売っていいよ」という契約の場合は、筍を売った方が遥かに利益を得られることは自明です。

いずれにせよ、「売っていいかどうか」は意外にシビアな話なので、まずは契約書の確認と交渉が必要です。このハードルはそれほど高くないかもしれません。なお、補助金などを受け取っている場合は、その要件に「営利活動はしないこと。その場合は補助を打ち切る」などの文言が書かれている場合もあるため、そのあたりも注意が必要です。

【誰にどうやって売ればいいのか?】

ご自身で加工(板材やパウダー、竹炭などに)する場合を除いて、販売の方法は大きく3つあります。

まず一つは「竹材屋さん」に納品するパターン。しかしこれはその竹材問屋との人脈や繋がりが無い限り、ほとんどあり得ない話です。かなりハードルが高いと理解いただけますと幸いです。

あり得るのは、その地域にあるかもしれない「竹を回収している」業者に持ち込む(あるいは引き取ってもらう)パターン。こういった業者は竹をなんらかの手法で大量に捌く先(=卸先)を持っているので、大量に持ち込むならこの業者を活用するのがベストでしょう。特にそれまで繋がりがなくとも扱ってくれます。古紙の回収業者をイメージしていただければ、それに近いですね。ただし、一部の市町村でしか実施していないため、それに該当しない地域ではこの手法は使えません。遠路はるばる竹を運ぶのは、お察しの通りコストに見合わないので。

最後に、最近は「メルカリ」などのC2C(コンシューマー to コンシューマー)で捌く方法も時々見られます。メルカリなどではトイレットペーパーの芯や牛乳パックなども取引されているほど(子供の工作に使うそうです)なので、事実上なんでも売れます。但し、量を捌くのが難しいのが難点です。

【売ることにより利益が出るのか?】

結論から言うと、ほぼ出ません。なぜなら、取引単価がとても安いことと、多少取引単価が高い場合は「竹に求められる要件」が厳しいことが挙げられます。ここでは、主な売り先となる「竹の回収している業者に持ち込む」パターンについて解説します。上述の通り、竹材問屋に卸すのは見た目や信用の問題でなかなかハードルが高く(その問屋が扱う竹は、おおよそ「竹材向け」に生産された竹です。少なくとも放置竹林でないことが多いです)、またメルカリなどは独自の交渉手法が発達しているかつ、これも前述の通り量が捌けないのでここでの言及は控えます。

まず竹はおおよそ、4~10円/kgで取引されます。おおよそ竹は(時期にもよりますが)モウソウチク一本あたり50キロ前後でしょうか(枝葉を含む)。その場合、ざっくり1本のモウソウチクが300円前後という価格になりそうです。これだけ見ると、「なんとなく儲かるかも?」と思うかもしれませんが、実際そんなことはありません。

作業量をイメージしてみましょう。まず、竹藪に行く。これだけでも結構時間がかかります。そして竹を伐る。この作業は簡単かもしれません。しかし玉切りにする、枝葉を払う、山から搬出する、そしてトラックに積み込む、そして運搬する……という膨大な作業が出荷までにはかかります。おおよそ、玉切りから枝葉を払う、そして搬出・積み込み作業までで、チェーンソーを用いて(相当早いですが)1本あたり20分くらいを見込みましょうか。その時点で時給は900円程度になります。

ちなみに、上記の作業はほぼ必須です。まれに「どんな竹でも回収する」という業者もいますが、大概は以下のように条件を設定しています。また、引き取りに来てくれる業者もいますが、その場合は当然買い取り金額は減少します(半分くらいになります)。

例えば、竹の買い取りを行っているNPO法人淡路島環境整備機構の場合、以下のような要件で購入しています。なお、竹チップ工場への持ち込み価格は3,000円/軽トラ一台分(=350kg程度)となっております。

・直径が5㎝以上の『孟宗竹』に限ります。真竹、破竹、枯れた竹、腐った竹、枝・葉は収集できません。
・玉切りする長さは、2mにしてください。2m以下の竹は収集できません。
・竹の伐採・積込・運搬作業は、安全確保に努めてください。特に竹の運搬はロープで固定するなど落下防止を行ってください。

また、株式会社国元商会では以下の要件で買い取りを行っています。なお、買い取り価格は姶良市の竹林:9.3円/kg(姶良市以外:7.8円/kg)となっています。

・竹の種類:孟宗竹
・2年生以上(目安:節が黒いもの)
・直径5cm以上
・長さは①2.3m ②2.5m ③3.0m のいずれかに揃えてください。
・生竹に限ります(枯れたものは不可)、石や土などの異物は取り除いてください。
・曲がっていたり、断面が楕円状のものなどは問題ありません。

上記のように、「枝葉は落とす」「若すぎる/枯れた竹は避ける」「玉切りする」「一定の直径が必要」というのは、ほとんどの業者で必須な条件になっています。これがなかなかに作業量として重く、また竹材の選別も発生するので厄介なのです。特に、放置竹林は枯れた竹が多く、そしてその販売はできないというのが実態です。また、先端に近ければ近いほど細くなるので、一本の竹からもいらない部分が発生したりします。

【まとめ】

上記の通り、素人が仕事にするほど(=最低時給を上回るほど)次々に竹を伐り出して売る、というのは難しいというのがご理解いただけたでしょう。作業にこなれてかつ効率の良い竹林(=稈齢が管理されており、また搬出もしやすい)でないとなかなか難しいのです。ただし、チャレンジすることは悪くはなく、また慣れてくればそれなりの対価も得られます。副業的に実施するのは悪くない選択肢かもしれません。

【参考文献】

・竹を収集します(NPO法人淡路島環境整備機構:URL
・株式会社国元商会HP(URL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bamboo Salonからのお知らせ

<Bamboo Salonからのお知らせ>

竹・笹の情報を発信するBamboo Salonでは竹に関するにコンサルティング業務を行っております。国内でも有数の竹に関する情報・知見を蓄積しており、竹に関連する事業を行いたい企業の方や、環境教育を検討している方など、竹に関するあらゆることをサポートさせていただいております。まずは無料相談なども実施しておりますので、詳細は下記ボタンよりご連絡ください。

また、毎月竹に関するあらゆる話題を扱いディスカッションを行う「竹サロン」をWEB上で実施しております。どなた様でもご参加可能ですので、お気軽に訪問いただければと思います。

無料相談はこちら!

コメントを残す

*