竹サロン開催記録

第47~49回竹サロン情報交換会 開催記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第47回竹サロン情報交換会

実施日時:2022年9月30日(金)20時~21時

開催場所:オンラインzoom

参加人数:約10名前後

発表者:酒井隆幸様(バンブーセーブジアース)

タイトル:「富山県内でのバンブー活動状況」

発表概要:酒井様が富山県内で長年取り組まれている活動をご共有いただきました。竹あかりなどの取組みをご紹介いただきました。

運営感想:地域に密着して市民団体として取り組まれているとのことで、てざわり感のある情報が頂けました。写真も豊富で、非常に分かりやすいご説明をいただきました。

第48回竹サロン情報交換会

実施日時:2022年11月25日(金)20時~21時

開催場所:オンラインzoom

参加人数:約10名前後

発表者:阪下竜喜さん(神戸大学農学研究科)

タイトル:丹波篠山市における竹林の管理実態と課題 課題解決に向けた協力隊活動

発表概要:丹波篠山における竹の管理状況踏まえた植生のリサーチ結果、および同地における地域おこし協力隊としての活動、展望などをお話いただいた。

運営感想:地域密着型で竹関連の活動を行われている方が多数参加して、質疑応答がかなり活発に行われました。運営が口を出さずとも議論が活発化する様子は、会の理想形に思えました。地元の自治体の協力度合い(チェーンソー貸出など)などが議題にあがりました。

第49回竹サロン情報交換会

実施日時:2022年12月16日(金)20時~21時

開催場所:オンラインzoom

参加人数:約10名前後

発表者:大野宏さん(Studio on_site)

タイトル:竹専用のジョイントの開発「OKINAで竹林を宝の山へ!」

発表概要:竹専用のジョイント(竹と竹とを繋ぐもの)の、開発経緯や商材、実例紹介

(OKINA HP:https://www.okina.website/

運営感想:まず商品(という呼び方でよいのでしょうか……)がすばらしいですね。これまで竹と竹との接合には番線(あるいは棕櫚縄?)が主に利用されていましたが、確かに現場では使い勝手が良いとはいえませんでした。特に、番線でぐるぐる巻くというのは1つの加工部分ならまだしも、何か所も実施すると大分疲弊しますしね。

それをインパクトドライバー(≒電動ドライバー)1本で解決できるというのは、かなり魅力的ですね。再利用できることも優れモノです。

商品も当然素晴らしいのですが、社会課題に寄り添ったソリューションです。持続可能なアイテムになるよう、うまく販売ができるよう願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*